「豆知識」カテゴリーアーカイブ

ビジネスインクジェットとレーザープリンター

主にオフィスで使用するプリンターには大きくわけてインクジェットとレーザーのふたつがあります。

インクジェットはその名の通り、インクを紙に吹き付けて色や文字を再現するのに対し、レーザーは転写によって印刷する仕組みです。

印刷物をよりクリアに表現したいときはインクジェットが向いていると言えますが、レーザーにはインクジェットには出せない速さがというメリットがあります。

ビジネスシーンにおいては、さまざまな書類を作成したり、複写したりといった作業が伴います。
デジタル化が進んだ現代でも、まだまだ紙ベースの書類は多用されているため、プリンターはオフィスにとって必要不可欠なツールだといえるのではないでしょうか。

オフィスでプリンターを導入する際に重要なのはコストです。
プリンタにかかるコストは必要経費だといえますが、一時的な利用ではなく継続して使うことになる固定費ではどっちが得か見極めて導入すべきでしょう。

オフィスでよく使われている大型のプリンターは、印刷以外にもコピーやスキャナ、FAXとして利用できる複合機と呼ばれるものです。
一方家庭用としても使われてのプリンターはコンパクトで場所を取らない一方、インクの交換が頻繁に必要になることや、印刷に時間がかかることがデメリットです。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、紙の資料など書類を多く取り扱うオフィスでは断然レーザープリンターが使いやすくおすすめです。

印刷はそれほど枚数を取り扱うことがない場合や、カラー写真など美しい表現を優先させたいときはインクジェットが最適です。

大型のレーザープリンターは高価な場合が多く、買取よりも保守プランなどが含まれたリース契約をする場合が主流です。
月々にどれくらい印刷したか、使用量に応じた費用負担のほかに、本体のリース料金を支払うという仕組みです。

コストはかかりますが、業務に対してスピード感のある印刷が重要と感じるならば、レーザープリンタを選ぶべきでしょう。
リサイクルトナーはプラスワン